乳歯がグラグラになると、気になって手で触ったり、食事がしにくくなることがあります。抜歯が必要なのか、自然に抜けるのを待つか迷うことも多くあります。乳歯がグラグラになる原因、対処方法には下記があります。ご心配であればお気軽にご相談ください。



●生え変わり
永久歯への生え変わりによって乳歯がグラグラになる時期は、個人差が大きいものの5歳頃から始まり、13歳頃まで続きます。多くの乳歯はそのままにしておいても問題はなく、自然に抜けるのを待ちます。

ただし、グラグラの乳歯が原因で食事がしにくかったり、痛みがでたり、歯肉が腫れてきたときは、歯科医院での抜歯の対象となります。乳歯が残っているにも関わらず永久歯が生えてきたときも、抜歯の対象となることがあります。

乳歯

関連するページ  乳歯と永久歯  抜歯が必要な乳歯  抜けない乳歯の原因



虫歯
歯の根に膿がたまっているなど、虫歯が原因で乳歯がグラグラすることがあります。外見からは分からなくても、大きな虫歯であることもあります。虫歯の治療をおこなうことでグラグラが改善されます。

関連するページ  虫歯



外傷
転んだり、ぶつかったりするなどしてグラグラになってしまった乳歯は、抜歯となることがあります。年齢、歯の状態によって抜歯をするか、治療をおこなうかを決めます。歯や歯を支える骨が折れていることもあるため、歯科医院に受診するようにしてください。

子供

関連するページ  子供の歯の怪我  怪我で歯が抜け落ちてしまったときは



低ホスファダーゼ症
通常の歯の生え変わりであれば5〜7歳頃から生え変わりが始まるのに対し、骨をつくる酵素が作られない遺伝性の病気である低ホスファダーゼ症によって、1〜4歳頃に乳歯がグラグラになり抜け落ちることがあります。

乳歯が根の先まで残ったまま抜け落ちるのが特徴で、歯科医師や小児科医への相談をきっかけに病気が見つかることが多くあります。

関連するページ  低ホスファターゼ症



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など)
青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区)
小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区)
横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市など)
南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区など)
広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都)
新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外)




関連するページ  小児歯科


グラグラの乳歯の対処方法
グラグラの乳歯の対処方法 横浜・中川駅前歯科クリニック