Q.虫歯とはどのような病気ですか?

A.口の中の細菌(虫歯菌、ミュータンス菌)が、食べかすや糖分から酸をつくって歯を溶かしていく病気です。

虫歯菌 虫歯菌(ミュータンス菌)



Q.なぜ虫歯ができるのですか?

A.虫歯は、虫歯菌、糖質(虫歯菌の餌)、そして歯の3つがそろうとできます。

ドーナツ 糖質の摂取は虫歯の原因になります

関連するページ  なぜ虫歯になるの?



Q.虫歯の相談だけでもできますか?

A.
できます。お気軽にご来院いただけたらと思います。



Q.受診の際は予約したほうがよいでしょうか?

A.緊急でなければ、電話(045-910-2277)にてご予約をお願いいたします。



Q.高校生です。歯をみがいてもいないのに、虫歯にならない友人がいます。なぜ虫歯にならないのですか?

A.もともと口の中の虫歯菌が少ない、食生活がしっかりしている、歯科医院で定期的に予防処置をしているなどが考えられます。

関連するページ  毎日歯を磨いているのに虫歯や歯周病になってしまう理由



Q.虫歯予防のために、定期検診は受けたほうがよいでしょうか?

A.ぜひ受けたほうがよいでしょう。

関連するページ  定期検診  小児の定期検診



Q.虫歯ができやすい場所はありますか?

A.虫歯ができやすい場所は、かみ合わせの溝、歯と歯の間、歯と歯肉が接する部分など、汚れのたまりやすい場所です。

関連するページ  虫歯になりやすいところってどこ?



Q.30代女性です。歯みがき方法が下手なのか、虫歯がよくできます。歯みがき方法を教えてもらうことはできますか?

A.できます。歯科医師、歯科衛生士が丁寧にアドバイスをさせていただきます。

関連するページ  予防歯科



Q.20代女性です。歯に白いしみがあります。虫歯ですか?

A.白斑(はくはん)といわれるもので、問題ないこともありますが、虫歯であることもあります。

関連するページ  歯の白斑



Q.なぜ虫歯は黒いのでしょうか?

A.歯の表面はガラスのように透明ですが、虫歯のなり始めでは歯の表面が溶け出し、曇りガラスのように白っぽくなります(白斑)。さらに歯が溶けると、汚れがつくなどして黄色、茶色、褐色、黒色と変化します。

光を通すガラスのような硬い組織から、虫歯が進行するにつれて光を通さない粘土のような軟らかい組織に変化していきます。



Q.健診で言われるC1とかC2とは、どのような虫歯ですか?

A.虫歯は4つの段階に分けられます。C1(シーイチ)とは歯の表面(エナメル質)だけが虫歯になっている状態、C2(シーニ)とは歯の内面(象牙質)にまで虫歯が広がった状態をいいます。

虫歯の写真 C2の虫歯

関連するページ  虫歯の進み方



Q.歯がしみます。虫歯ですか?

A.歯がしみる原因は虫歯のほか、知覚過敏、歯周病、歯ぎしり、酸蝕症、誤った歯みがき方法など様々です。

知覚過敏 知覚過敏になると、歯がしみるようになります

関連するページ  知覚過敏症  歯周病  歯ぎしり  酸蝕症



Q.痛くもないのに虫歯があるといわれました。本当でしょうか?

A.虫歯はなかなか痛みなどの自覚症状がでません。大きな虫歯になっていても、全く痛みがでないこともよくあります。



Q.虫歯になると、かめないので、食べるのが嫌になるのでダイエット効果がありますか?

A.虫歯があると、十分な栄養を摂取できず健康を害するだけでなく、軟らかいもの、カロリーの高いものに食事が変化しやすく肥満の原因になります。



Q.虫歯は口臭の原因になりますか?

A.なります。

口臭 口臭は自分自身では気付きにくい傾向があります

関連するページ  口臭



Q.虫歯にならないためには、砂糖の摂取量を控えたほうがよいのでしょうか?

A.砂糖の摂取量は問題はありません。摂取量よりも、だらだら食べないなどの摂取方法に気をつければ、簡単には虫歯になりません。



Q.糖尿病の40代男性です。食生活が原因なのか、未だに虫歯がよくできます。糖尿病のことも含めて食事のことを相談できますか?

A.管理栄養士、歯科衛生士、歯科医師がご相談させていただきます。お気軽にご来院ください。

関連するページ  栄養指導  栄養指導 Q&A  糖尿病の食事療法



Q.毎日歯をきちんとみがいているのに虫歯になりました。原因は何ですか?

A.歯みがきでは取りきれない汚れから、虫歯になることがよくあります。また、虫歯になるかは歯みがきだけでなく食生活、歯科医院での予防処置(クリーニングなど)の頻度などにも左右されます。

歯磨き 歯みがきだけでなく、歯科医院での予防処置も大切です

関連するページ  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニング(PMTC)の効果



Q.虫歯で歯がなくなると、咬みにくいこと以外に困ることはありますか?

A.歯を失うと医療費がかかるほか、認知症や癌になりやすいなど、全身の健康にも影響を及ぼします。

関連するページ  歯を失うことによる損失



Q.テレビで虫歯をそのままにしていたら死んでしまったと放送されていました。虫歯が原因で死ぬことがあるのでしょうか?

A.まれですが、虫歯が原因で死亡することはあります。



Q.受診前にメールで相談することはできますか?

A.メールにてご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  虫歯


虫歯 Q&A
虫歯 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック