緊張型頭痛とは

日本人の緊張型頭痛の発症率は年21%とされており、最も頻度の高い頭痛です。性別では女性、年齢では20〜40歳代に多く、両側に30分〜1週間続き、後頭部から首すじにかけて、重苦しい感じや頭を締めつけられているような圧迫感があります。

顎関節症を合併していることがしばしばあります。片頭痛のように吐き気や嘔吐、光や音に過敏になることなく、寝込むような痛みもありません。

関連するページ  顎関節症  顎関節症を原因とする頭痛  片頭痛



緊張型頭痛の原因

多くは頭や首、肩の筋肉の緊張からおきます。パソコンなど長時間同じ姿勢を続けることで首や頭の筋肉に負担がかかり、筋肉の血行が悪化して炎症が起こり、頭痛を引きおこすと考えられています。

無意識のかみしめ、食いしばりでも緊張型頭痛はおこり、最大のかむ力のわずか10%の力で30分間かみ続けると、健常者の17%、緊張型頭痛の患者さんの69%に頭痛がおきます。

パソコン

関連するページ  TCH(歯列接触癖) 歯ぎしり 薬物の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)



緊張型頭痛の治療

通常の鎮痛薬(アセトアミノフェンほか)で改善します。また首や肩の運動やマッサージ、ストレッチ、無意識に歯をかみ合わせないことも有効です。くり返す頭痛(反復性緊張型頭痛)や長引く頭痛(慢性緊張型頭痛)には、三環系抗うつ薬、抗不安薬が使用されることもあります。

薬

関連するページ  歯痛に効く市販の鎮痛剤  歯科医院で処方される鎮痛剤



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯痛・顔面痛


緊張型頭痛
緊張型頭痛 横浜・中川駅前歯科クリニック